<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 「coming home」
久々に心を揺さぶられる曲に出会った。

Diddy Dirty Money 'Coming Home ft. Skylar Grey'



歌詞にはDiddy(元Puff Daddy)の強烈すぎる人生が刻まれている。

アーティスト、プロデューサーとして若くして成功を収めたものの
親友は射殺され
暴力事件で訴訟を起こされ
女優とのスキャンダルで騒がれ
クラブで発砲事件を起こし
活動停止を余儀なくされ・・・

でも復活した。

ジェットコースターのような人生の浮き沈みを経験した彼は、一体何を信じて生きているのだろう?

------------------

I'm coming home.
帰るよ

I'm coming home.
今帰る

Tell the World I'm coming home.
全世界に帰って来たことを伝えてくれ

Let the rain wash away all the pain of yesterday.
過去の痛み全て雨で洗い流して

I know my kingdom awaits and they’ve forgiven my mistakes.
私の王国が待っていて、私の過ちを許してくれる

------------------

「I'm coming home」は誰に向けての言葉なのだろう?

それは恐らく
この曲を聴いている私たち。

音楽の力を信じる私たち。
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:13 | category: music |
# 君よ、猫よけのジャケットを着てどこへ行く
フロリダ出身のイケメロ(イケメン&メロウの略らしい)音楽人Jason Derulo

髭ともみ上げが直結している奇跡の横顔から「横顔王子」と称される。

というのはどうでも良いのだが、彼の最新曲が結構アツい。


Jason Derulo 「Ridin' Solo」



曲も然ることながらPVが凄い。

大きなディスプレイをバックに、光の洪水の中で踊る姿は圧巻である。

ホンダCR-Zで街を走りぬけ、iPadを女性陣に見せびらかすオレカッコイイというのも十分伝わってくる。


しかし、それが凄いと言いたいのではない。


何が凄いって、、、


彼が着ているジャケットには、猫よけのトゲトゲが付いている。

フロリダの主婦が思いついたのか、特許申請しているのか不明であるが、

おかげでこのPVに猫は一匹も登場しない。

効果覿面であるようだ・・・



Jason Deruloの関連記事
http://marsattacker.jugem.jp/?eid=88
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:32 | category: music |
# 梅雨と上手に付き合う方法
もう6月。

5月の爽やかな気候も束の間、
梅雨の季節がやって参りました。

今回は、じめじめじとじとな梅雨とこの際仲良くなってしまおうというアイデアを2つご紹介します。


[梅雨と上手に付き合う方法 その1] 緑の世界に飛び込んでみる


雨の日の森(木々)は
5月の麗らかな日差しの中でキラキラしていた姿からイメチェンし
レインドロップスの装飾を付けてちょっと大人な雰囲気を漂わせます。

くもの巣もこんなに美しい芸術作品になります
(くもにとっては迷惑かもしれませんが・・・)

雨の時は空気も一際澄んでいるので、
森の中を散策すると気分がスッキリすることでしょう。


[梅雨と上手に付き合う方法 その2] 雨に似合う音楽を聴く

梅雨の時期にマッチする音楽というのがあるんです。
この時期に聴くと、他の季節よりも格段に味わい深くなる。

火星人の最近のおすすめは、
Drakeの'Find Your Love'




地球の皆さんもおすすめの梅雨ソングを見つけてください
プヮプヮプヮ・・・
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:38 | category: music |
# 火星からのイチオシ音楽人 〜 Jason Derulo
プヮプヮプヮプヮ・・・

USAの音楽シーンを賑わせているアーティストを不定期に
火星人がピックアップ(拉致)するこのコーナー

今回のターゲットはJason Derulo



Floridaの“イケメロ王子”
またの名を
R&B界の"横顔王子"
と呼ばれているというのは、本当か!?

横顔、髭つながっているだけじゃないですか。
何でも"王子"つけおってヽ(`Д´)ノ


そんなJason Deruloのヒットソングを2曲紹介





おわかりいただけたでしょうか、
彼の魅力を。

彼の音楽には懐かしさを覚えるのです。
80年代、90年代の懐かしさを。

踊ろう!髭王子!
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:17 | category: music |
# ビックリしたなぁ、もう。
シカゴで開催されたBlack Eyed Peasのライブにて

踊っている観客は女性たった1人だけ。

まさか皆、シラケてる?
と不安になった矢先・・・



TV、You Tubeの視聴者を驚かせるために
聴衆と仕掛けたドッキリでした。

ビックリしたなぁ、もう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:44 | category: music |
# さようならJohn Frusciante
何てこった・・・

Red Hot Chili PeppersのGt.担当John Fruscianteが脱退していた。

これで2回目の脱退。

John Fruscianteは、
筆者の世界で一番好きなギタリスト。
悲しくも美しい独特のギターサウンドは「枯れたギター」と言われているそうな。

1年に6枚のソロアルバムをリリースするなど、
異常なまでの創造意欲の持ち主。

レッチリ脱退もそう考えると自然の流れなのだろうか。



4人揃っての演奏を
もう見れなくなると思うと、寂しい
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:22 | category: music |
# GOD OF TAP × KING OF POP
筆者にとって今年No.1の楽曲は
Michael Jacksonの'Smooth Criminal'であった。



メロディーも然ることながら
ダンスが最高にカッコイイ!

後半の見せ場
斜め45度に前傾するZero Gravityに
何度挑戦しては 前につんのめっていったことか・・・


そんなMichaelが影響を受けた人物の一人が
Fried Astaire



1930年代〜1950年代のミュージカル映画全盛期を支えたスターで
タップダンスの神様と称されている。

Michaelは幼少期からFriedの大ファンで
自身のパフォーマンスにもステップを取り入れていたそうな。


そして彼等のコラボがYou Tubeで実現した。

Fried Astaire主演映画「バンドワゴン」のシーンを編集して
BGMにMichael Jacksonの'Smooth Criminal'をのせた映像

なかなかキマっている。
編集した人、凄い!

[動画を見る際の注意]
すぐに再生すると動画を読み込めなくて何度も止まってしまいます。
再生ボタンを押したら、一時停止させて3分程お待ちいただいてから
もう一度再生ボタンを押してください。



| comments(0) | trackbacks(0) | 00:50 | category: music |
# Drops of Jupiter
2001年に一番好きだった曲

今も大好きな曲



メロディも美しいが
銀河系の言葉をふんだんに用いた歌詞が
ロマンティックであり 切なくもある。

以下、'Drops of Jupiter'の歌詞(和訳)です。

---------------------------------------------------

彼女が大気圏に戻ってきた
髪に木星の雫をまとって
夏のように振る舞い 雨のように歩む彼女は
こんな僕だって変われることを気付かせてくれる
月での生活から帰ってきてからというもの
彼女は春のように耳を済ませ 六月のように語る

教えてくれないか
君は太陽を漕ぎ渡ったのか?
天の川まで行って 消えゆくすべての光を見たのか?
みんなが褒めちぎっている天国ってとこはどうだった?

君は流れ星となって流れ落ちたのか?
傷ひとつない流れ星として
そして自分探しの旅の途中で
僕のことを懐かしんでくれたのだろうか?


彼女が魂の休暇から帰ってきた
星座を縫うようにして 自分の道を辿りながら
モーツァルトを聴きながら ボクササイズをする彼女は
僕にもまだ成長する余地があることを気付かせてくれる

彼女が大気圏に戻ってきた
僕をJaneみたいなダサい男だと思ってるんじゃないかと不安になる
飛び立つことが怖くて 地に足を付けられなかった男のことさ

教えてくれないか
風に足をとられたりしなかったかい?
遂に日の光の中でダンスするチャンスを得られたの?
そしてまた天の川へと戻って行ったのかい?

君は金星に心を奪われたのか?
見つけたかったものはそれで全部?
そんな自分探しの旅の途中で
僕のことを懐かしんでくれたのだろうか?


想像できるかい?
愛も 誇りも カリッと揚げたフライドチキンも
どんな時だって 君が間違ってるときだって
君の味方をしてくれる友達もいない世界を

想像できるかい?
初めてのダンスも
胸を締め付けるロマンスも
5時間の長電話や
大好きなソイラテ
そして僕もいない世界を

---------------------------------------------------

ちなみに
木星になんでJupiterという名前が付いているかというと、
肉眼で見える最大の星だからである。

Jupiterはギリシャ神話の最高神で
ローマ神話のZeusにあたる。


しかし、この歌詞で唯一残念なのは、
火星が登場しないことである。

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:33 | category: music |
# 海に還る物語 〜Psalm〜
音楽パフォーマンスユニット Psalm(サーム)

二十五絃箏弾きのかりん
独特の世界観と歌声を持つ玉井夕海



ふたりが音を奏でると
物語が始まる





かりんの弾く二五絃は、一般の十三絃筝よりも
表現の幅が広がり
日本音階の他に西洋音階にも対応することができる

古典筝曲だけでなく、
人形使い、ベリーダンス、舞、書、洋楽器とのコラボレーションなど
箏を通して新しい表現を積極的に開拓している

玉井夕海は、映画制作(音楽監督、脚本、女優)にも挑戦しており
二人とも枠に囚われない活動をしている


Psalmの演奏を聴くと
静かな海に包まれるような感覚になる

40億年前、地球は海で覆われていた
生命は海から生まれた。

40億年経っても
海へ還る体験を
音楽を通じて行っているなんて
なんだか不思議な気分だ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:53 | category: music |
# Requiescat in Pace
2009年11月25日
BUMP OF CHICKENが2年ぶりに新曲をリリースする。

曲名はR.I.P.
まずは、聴いてみて下さい。
(下記の画像をクリックするとYouTubeでR.I.P.のPVに移動します。)



疾走感溢れるメロディアスなサウンドは
「待ってました!」と言いたくなるくらい
BUMP OF CHICKENっぽい


何よりも気になるのは、タイトルと歌詞。

R.I.P.はラテン語でRequiescat in Pace(安らかに眠れ)

この言葉は、何に向けて発せられているのだろう?

サビの歌詞をちょちょいと紹介

-----------------------------

そこにキミがいなかったこと

分かち合えない遠い日のこと

こんな当然を思うだけで

すぐに景色が滲むよ

・・・

そこにボクがいなかったこと

今は傍にいられること

こんな当然を思うだけで

世界中が輝くよ

・・・

アドバルーンの下、催事場のヒーロー

光化学スモッグ、手を引かれた野球帽

地球で一番幸せだと思った

あの日のボクにキミを見せたい

-----------------------------


R.I.P.は
自分や大切な人の幼少時代に向けての言葉なのだろうか。


幼少時代に僕が見た景色、感じたことは

君には共有できない

だからこそ

君に出会えた

そして

君と過ごす 今 この瞬間が 愛おしい


藤原基央氏の歌詞は
ガラス玉みたいだ。
すごく透明で
キラキラしている。

でもちょっとしたことで砕けそうだ。
その破片は私の耳、心に突き刺さる。

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:26 | category: music |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links