<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# LEDの光に萌えない方へ
イルミネーションで街が華やぐ季節になりました。

LEDの普及により
昔よりもしっとりと美しい青光りを楽しめるようになりました。

でも、どこか物足りなさも感じます。
美しくまとまりすぎているというか・・・

同じ人工物でも
もっと強烈でゾクゾクする夜景を楽しめることをご存知でしょうか。



工場夜景クルーズ

日本の四大工場地帯のひとつ、京浜工業地帯の夜景を
クルーザーで鑑賞することができるのです。

夜の闇に
燦然と光り輝く数々のプラントを
間近で見れるなんて・・・

何て世の中になったんでしょうか。


でも忘れてはいけません。

工場の中には
夜も稼動している人々がいることを。

--------------

工場夜景クルーズ WEBサイト
http://www.reservedcruise.com/fact/
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:54 | category: event |
# 日比谷deナマステ


2009年8月8日(土)と9日(日)の2日間、
日比谷公園でネパールフェスティバルが開催されます。

ネパール料理
民族舞踏
民族楽器演奏
民族衣装ファッションショー
ナマステ体操
などなど

盛りだくさんのプログラム。

ネパールは、中国とインドの間にちょこんとある国です。

日本での知名度はそこまで高くないかもしれませんが、
多民族ならではの独特の魅力がある国です。

このフェスティバルは、ネパールのことについて知る
良いきっかけになるでしょう。

-----------------------------------------
ネパールフェスティバル
2009年8月8日(土)10:00 ― 19:30
         8月9日(日)10:00 ― 17:30
日比谷公園大噴水広場と音楽館
http://www.nepalfestival.jp/
-----------------------------------------
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:30 | category: event |
# 夏を快適に過ごす方法 ~ICEBAR~



東京 新橋に北極圏を味わえる場所があります。

その名も'ICEBAR TOKYO'

スウェーデンのICEHOTELがプロデュースした、氷でできたバーです。

マイナス5度の全面氷の空間で
純度の高いトルネ川の湧き水で作られた氷のグラスを片手に語り合えば
暑さを通り越して
スウェーデンの妖精さんにお目にかかれるかもしれません。

----------------------------------------------------
ICEBAR TOKYO
営業時間:13:00 - 28:00
定休日:無休(氷の入替期間・イベント催行時を除く)
TEL:03-6228-5022(予約)
料金:3,500円
     料金には以下のものが含まれています
     ・防寒用ケープ&手袋のレンタル
     ・氷のグラス
     ・カクテルもしくはソフトドリンク 1杯
http://www.icebartokyo.com/
----------------------------------------------------


| comments(0) | trackbacks(0) | 00:35 | category: event |
# 夜はやさしい


夏の夜空は素敵だが、
ネオン・スモッグ・悪天候に阻まれて、なかなかその美しい姿をお目にかかれない。

でも美しい夜空を確実に見ることができる手段が、ある。

7月18日(土)から日本科学未来館にて
プラネタリウム「夜はやさしい」が上映される。

原案は谷川俊太郎、ナレーションは麻生久美子の癒し系コンビ。


「夜はやさしい」の作品概要
☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆
本作品では、
東京からアジア、ヨーロッパ、アフリカ、南米、北米、オーストラリア
世界6 カ所の夜を旅していきます。

それぞれの地域で聞こえる人々の喧噪、音楽や鳥獣たちの鳴き声が、夜空を彩ります。

気候も風土も異なる地域に生きる、人間を含めたあらゆる生物にとって、
“夜”とはどんな時間なのでしょうか。

各地をつないでいくのは、本作品の原案者である谷川俊太郎氏による詩と
麻生久美子によるナレーション。

暗闇の中で星空、音、詩、三つのものが、見る者の想像力をふくらませていき ます。
☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆----☆



プラネタリウムを題材にした音楽は、いきものがかり、大塚愛などにより、歌われているが、
個人的にはBUMP OF CHICKENの「プラネタリウム」が好きだ。

なぜって、歌詞が切ない。

プラネタリウムは本物の夜空ではない。
輝く星に憧れて、手を伸ばそうとすると、簡単に届いてしまう。
そこで気づく、「これは本物の星ではない」と。

この音楽では「星=憧れの人」になぞらえている。
く〜っ、切ない(;_;)




| comments(0) | trackbacks(0) | 10:24 | category: event |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links