<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ネルソン・マンデラを支えたコトバの力
南アフリカ初の黒人大統領ネルソン・マンデラ

大統領就任前、反アパルトヘイト(人種隔離政策)運動により反逆罪として逮捕され、
ロベン島の監獄に収容されていた。

彼の27年間にもわたる獄中生活を支えたのは、
19世紀の英国の詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの「コトバ」だった。

----------------------------------------

INVICTUS(不屈の魂)


吾が身を覆いたる漆黒の夜、
鉄格子に潜み居るは奈落の闇

私はあらゆる神々に感謝を捧ぐ
吾が魂が、何者にも征服されざることを

如何なる無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしない

どれほどの運命に打ちのめされ、血を流そうとも
決して屈服なぞしたりはしない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしき死が浮かび上がる

だが、永きに亘る脅しを受けてなお
私は何ひとつ、恐れたりなぞしない

いかなる狭き門であろうと、
いかなる罰に苛まれようと、

吾こそが我が運命の支配者

吾こそが我が魂の指揮官

----------------------------------------


そう

自分の運命が向かう方向を決めていくのは

自分自身なのである。


コトバの力はすごい。

普段の生活で忘れかけていた感覚は

コトバによって呼び起こされる。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:06 | category: ことば |
# 自分に嘘つかない言葉
ある旅人(日本人)の言葉

--------------------

いろいろ旅をしましたが
世界で一番好きな場所は
四万十川です。

四万十川にダイブしたとき、
川の水を思いっきり飲んでしまいました。

そのときに感じたのです。
「なんて旨いんだ、四万十川」

--------------------

世間の軸とは多少ずれていても
借り物の言葉でなく
自分の言葉で
自分の感じたことを
伝えることができる人は

素敵だと思う。


フォークでもカーブでもない。
ストレートに勝るものはないんだ。

ウケると思うものを書いても
結局、自分にウソをついて書いたものは
誰の心も動かさない。


何年の月日を重ねても
このことは忘れないでおこう。

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: ことば |
# 美しい言葉
今号のBRUTUSは「言葉」特集

有名人の言葉
本に出てくる言葉
歌詞
古典文学
などなど、言葉だらけ。

でも断トツに心に残ったのは
日航機墜落事故の犠牲者の言葉である。

1985年8月12日18時56分
524人の乗員乗客を乗せたジャンボ機「日本航空123便」が
群馬県の御巣鷹山に墜落した。

その人は
墜落するまでのわずかな時間
煙の上がる、揺れる機内で
こう手帳に記した


---------------------------------

ママ こんな事になるとは残念だ

さようなら

子供達の事をよろしくたのむ

今六時半だ

飛行機は まわりながら

急速に降下中だ

本当に今迄は 幸せな人生だった と

感謝している。

---------------------------------


| comments(0) | trackbacks(0) | 23:56 | category: ことば |
# 機内誌って面白い
ANAの機内誌「翼の王国」

3回読む機会があったが、写真や記事、コピーのクオリティが相当高い。

毎刊各都市を旅行ガイドブックとは違う切り口で取り上げており、
読むとまた旅をしたくなる。

中でも「おべんとうの時間」がおススメ。
各都市のいろいろな職業の人物にフォーカスし、
その人の暮らしとお弁当を取り上げている。

阿部直美(妻)と阿部了(夫)によるコーナーであるが、
温かくて癒される(^^)

「翼の王国」はWebからもチラ見可能です。

http://media.ana.co.jp/magazine/



| comments(0) | trackbacks(0) | 12:07 | category: ことば |
# 心に刺さった言葉 vol.1
 街で見かけたコピーや
人が発していた言葉で
心に刺さった言葉を書き留めていきます。


■ETV50周年コピー■

夜と朝の境界線は見えない。
人間はすぐ線を引きたがるけど。

----

ETV50周年と何の関係があるのかいまいちわからないコピー
でも、この言葉は刺さる。

境界線を引けないものって、「夜と朝」だけでなく実際いろいろあるなと。
「大人と子供」、「男性と女性」、「正しいと正しくない」・・・

「だから、どっちなの」って聞かれても、
どっちとも言えないことって結構あるなと。

境界線が無いという状態(状況)を受け入れるって結構大切なことだと思うのです。


■細美武士の今年の抱負(ラジオ番組「Hedgehog Diaries」より)■

「今年の抱負はね・・・しあわせ脳になりたいなと。

脳みその機能って使えば使うほどそこが発達して、
使わない機能は退化していくんだって。

幸せなときに「うわ、すっげー楽しい」みたいなのをぶわっと使うとどんどん幸せを感じる脳みそになって
いやなこととか心で反芻しないようにすると、いやなことが起きたときに落ち込まないようになるんだって。

だから、今年はしあわせ脳を目指します。」

----

細美さんのラジオがついに始まった。
くだらないネタも多い中で、たまに良いこと言う(^^)
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:56 | category: ことば |
# 先生、おたんようび おめれとうなのよ
 
pinoko


もう過ぎてしまったけれど
11月3日は手塚治虫の誕生日。
生きていたら80歳。

70年以降の彼の作品に影響を受けてきた。
「ブッダ」、「ブラック・ジャック」。。
今年は「アドルフに告ぐ」を読もう。


作品の話はさておき。

大事にしていきたい彼の言葉がいくつかあります。

「君たち、漫画から漫画の勉強するのはやめなさい。
一流の映画をみろ、
一流の音楽を聞け、
一流の芝居を見ろ、
一流の本を読め。
そして、それから自分の世界を作れ」

これ漫画だけの話じゃないと思います。

クリエイティブの第一歩は
「一流のものとそうでないものを見分けるための感覚を研ぎ澄ませること」
それから
「自分の頭で自分の身体で何か(あらゆる創作物)を生み出すこと」
なのですね。


80回目のお誕生日おめでとうございます。
これからもよろしくお願いします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:37 | category: ことば |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links