<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< パントンさんの内なる世界 | main | レトロフューチャーエレクトロワールド >>
# Requiescat in Pace
2009年11月25日
BUMP OF CHICKENが2年ぶりに新曲をリリースする。

曲名はR.I.P.
まずは、聴いてみて下さい。
(下記の画像をクリックするとYouTubeでR.I.P.のPVに移動します。)



疾走感溢れるメロディアスなサウンドは
「待ってました!」と言いたくなるくらい
BUMP OF CHICKENっぽい


何よりも気になるのは、タイトルと歌詞。

R.I.P.はラテン語でRequiescat in Pace(安らかに眠れ)

この言葉は、何に向けて発せられているのだろう?

サビの歌詞をちょちょいと紹介

-----------------------------

そこにキミがいなかったこと

分かち合えない遠い日のこと

こんな当然を思うだけで

すぐに景色が滲むよ

・・・

そこにボクがいなかったこと

今は傍にいられること

こんな当然を思うだけで

世界中が輝くよ

・・・

アドバルーンの下、催事場のヒーロー

光化学スモッグ、手を引かれた野球帽

地球で一番幸せだと思った

あの日のボクにキミを見せたい

-----------------------------


R.I.P.は
自分や大切な人の幼少時代に向けての言葉なのだろうか。


幼少時代に僕が見た景色、感じたことは

君には共有できない

だからこそ

君に出会えた

そして

君と過ごす 今 この瞬間が 愛おしい


藤原基央氏の歌詞は
ガラス玉みたいだ。
すごく透明で
キラキラしている。

でもちょっとしたことで砕けそうだ。
その破片は私の耳、心に突き刺さる。

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:26 | category: music |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:26 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links