<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 自分に嘘つかない言葉 | main | GOD OF TAP × KING OF POP >>
# Drops of Jupiter
2001年に一番好きだった曲

今も大好きな曲



メロディも美しいが
銀河系の言葉をふんだんに用いた歌詞が
ロマンティックであり 切なくもある。

以下、'Drops of Jupiter'の歌詞(和訳)です。

---------------------------------------------------

彼女が大気圏に戻ってきた
髪に木星の雫をまとって
夏のように振る舞い 雨のように歩む彼女は
こんな僕だって変われることを気付かせてくれる
月での生活から帰ってきてからというもの
彼女は春のように耳を済ませ 六月のように語る

教えてくれないか
君は太陽を漕ぎ渡ったのか?
天の川まで行って 消えゆくすべての光を見たのか?
みんなが褒めちぎっている天国ってとこはどうだった?

君は流れ星となって流れ落ちたのか?
傷ひとつない流れ星として
そして自分探しの旅の途中で
僕のことを懐かしんでくれたのだろうか?


彼女が魂の休暇から帰ってきた
星座を縫うようにして 自分の道を辿りながら
モーツァルトを聴きながら ボクササイズをする彼女は
僕にもまだ成長する余地があることを気付かせてくれる

彼女が大気圏に戻ってきた
僕をJaneみたいなダサい男だと思ってるんじゃないかと不安になる
飛び立つことが怖くて 地に足を付けられなかった男のことさ

教えてくれないか
風に足をとられたりしなかったかい?
遂に日の光の中でダンスするチャンスを得られたの?
そしてまた天の川へと戻って行ったのかい?

君は金星に心を奪われたのか?
見つけたかったものはそれで全部?
そんな自分探しの旅の途中で
僕のことを懐かしんでくれたのだろうか?


想像できるかい?
愛も 誇りも カリッと揚げたフライドチキンも
どんな時だって 君が間違ってるときだって
君の味方をしてくれる友達もいない世界を

想像できるかい?
初めてのダンスも
胸を締め付けるロマンスも
5時間の長電話や
大好きなソイラテ
そして僕もいない世界を

---------------------------------------------------

ちなみに
木星になんでJupiterという名前が付いているかというと、
肉眼で見える最大の星だからである。

Jupiterはギリシャ神話の最高神で
ローマ神話のZeusにあたる。


しかし、この歌詞で唯一残念なのは、
火星が登場しないことである。

| comments(0) | trackbacks(0) | 22:33 | category: music |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:33 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links