<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 先生、おたんようび おめれとうなのよ | main | ジダーバグ(ELLEGARDEN 細美武士の世界観) >>
# 色と音
 ラジオCM「ソニーカセットテープ/色と音」
(1984年 出演:寺山修司)

-------------(以下、CMの内容)--------------

みなさんこんばんわ、寺山修司です。            
ぼくたちはいろんな色を見ることができるわけですが、
目の見えない子供たちは色をどんなふうに感じてるのか。

きのう文京盲学校の生徒さんたちと会って話したわけです。
すると目の見えない子供たちは、
色を音であらわすんだと答えてくれました。

それで白ってどんな音かって聞くと、
こんな音だって答えてくれました。
「ボーッボーッ」 (汽笛)

金色はって聞くと、金色はこんな音でした。
「カンカンカン」 (鍋)
鍋をたたく音なんだそうですね。

それで非常に金色に似た色ですけど、
お月さんはどんな音してるって聞くと
ドロドロの油の中に石を投げこむ音だって答えてくれました。

で、ぼくはますます興味をもって、
鏡はどんな色をしているのかなって聞いてみました。
すると目の見えない子供たちは、
絹糸の切れる音だって答えてくれました。
「プツン」 (絹糸)

もし人生がバラ色だとしたら、
それは目の見えない子供たちにとって
どんな音であらわすのか。
ぼくはまぁ、考えこんでしまったわけです。

ぼくたちは、いい音が大好きです。

--------------(CMここまで)---------------

音楽を聴いて情景を思い浮かべるということはあっても
色と音を結びつけるという発想は、自分にはほとんどなかった。

目が見えなくても色を感じ取ることはできるんだ。
視覚器と聴覚器が支配しているだけではないのだな
そう気付くきっかけとなったCMだった。

(サウンド・カラー共感覚の保有者の場合、音に色が付いて聴こえるようで。
無意識に発生する事象なので、目の見えない人とは違う色と音の結び付け方を行っているだろう。)
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:42 | category: ad |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:42 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://marsattacker.jugem.jp/trackback/9
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links